カート
ユーザー
絞り込む
カテゴリー
コンテンツ
精油の作用 ヤ行

 
 
ア行 カ行 サ行 タ行 ナ行
ハ行 マ行 ヤ行 ラ行 ワ行


ご注意:アロマセラピーは医療ではありません。
記載されている精油の作用が心身の不調改善を保証するものではありません。
精油の選択・使用に関しては自己責任にてお願いいたします。
既往症をお持ちの方、妊娠中の方、お子さま、ご高齢の方に使用する場合や、
精油を使用するタイミングなど不安のある方は、専門家や専門医にご相談ください。


 
精油一覧 症状別 へ戻る▲
 
 
   ヤ 行
 

 
ヤロウ
学名 Origanum majorana 科名 キク科
抽出部位 葉、花 抽出方法 水蒸気蒸留法
作用 鎮痛,消炎,鎮經,消化促進,利尿,通経,去痰,解熱,強肝,抗菌,抗ウイルス,鎮静,抗アレルギー,抗ヒスタミン,瘢痕形成,収れんなど
心への作用 潜在的に怒りや苛立ちを持ち、感情的になりやすい人に効果的な香りです。過去の傷を癒し、怒りや苦しみを解放する助けをしてくれます。抑圧して外に出ない怒りにも働きかけてくれます。また、直感力を高める香りでもあります。
体への作用 ヤロウはエネルギーの流れを調整します。消化不良や腸の働きを助けます。月経周期を整え、月経痛を抑えます。熱を冷ます作用に優れ、関節炎や高熱、頭痛などにも有効です。鎮痛作用は、リウマチ痛や捻挫、神経痛に効果的です。泌尿器系には殺菌効果があり、膀胱炎・尿道炎を緩和させます。
注意・禁忌事項 妊娠中・授乳中・幼児は避ける、てんかん症・発熱時は避ける、キク科アレルギーに注意 皮膚刺激・神経刺激 刺激強
 

go to TOP ▲

  
ユーカリ・グロブルス
学名 Eucalyptus globulus 科名 フトモモ科
抽出部位 抽出方法 水蒸気蒸留法
作用 去痰作用、駆虫作用、血糖値低下作用、解熱作用、抗ウイルス作用、殺菌作用、消炎作用、鎮咳作用、消毒作用、鎮痙作用、デオドラント作用、鎮痛作用、粘液過多排出、瘢痕形成作用、創傷治癒作用、利尿作用など
心への作用 精神を集中させ、怒りやいらだちなどで頭に「血がのぼる」感覚になったときにクールダウンし、頭をクリアにしてくれます。
体への作用 抗感染症、抗ウイルス対策としても作用します。
からだのうっ血や、粘液のうっ滞を取り、呼吸機能を高めてくれます。また免疫機能を刺激する作用があるので、強い香りや成分を考慮しつつ、感染が気になるときには活躍できる精油です。
肌への作用 脂性肌やニキビ、皮膚での細菌増殖を防ぎ、組織の再生を助けます。
皮膚のうっ血にも。
注意・禁忌事項 乳幼児、妊娠中は使用不可。 皮膚刺激・神経刺激 刺激強
 

go to TOP ▲
 

 

ユーカリ・ラディアータ
学名 Eucalyptus radiata 科名 フトモモ科
抽出部位 抽出方法 水蒸気蒸留法
作用 去痰作用、うっ滞除去作用、抗ウイルス作用、抗菌作用、神経強壮作用、抗炎症作用、鎮咳作用、消炎作用など
心への作用 すっきりとしながらも、やわらかさのある香りは、からだが疲れてしまったとき、気持ちが焦ってしまったときに、自分の力をそっと取り戻させてくれます。
体への作用 抗感染症、抗ウイルス対策としても作用します。
からだのうっ血や、炎症を取り、呼吸機能を高めてくれます。
また免疫機能を刺激する作用があり、予防的に使うことも可能。
注意・禁忌事項 脂性肌やニキビ、皮膚での細菌増殖を防ぎ、組織の再生を助けます。
皮膚のうっ血にも。
皮膚刺激・神経刺激  
 

go to TOP ▲

 

 

ユーカリ・レモン
学名 Eucalyptus citriodora 科名 フトモモ科ユーカリ属
抽出部位 抽出方法 水蒸気蒸留法
作用 抗菌・抗真菌・抗ウィルス、鎮痛、鎮痙、鎮静、解熱、昆虫忌避など
心への作用 レモン様のすっきりした香りが、気持ちをオープンにクリアにしてくれます。
不安なときや、思い通りにならない焦りなどがあるときに、扉を開いてくれます。
体への作用 抗菌・抗真菌・抗ウィルス作用があると考えられている成分のため、レモンユーカリも空気浄化や風邪・インフルエンザ予防に役立つと考えられています。
注意・禁忌事項 妊娠初期は避ける 皮膚刺激・神経刺激 刺激強
 

go to TOP ▲